がんリスクチェッカー 男性向け

  • 小
  • 中
  • 大
がんリスクチェッカー 男性向け

製品のご説明

“がんリスクチェッカー 男性向け“は、「p53抗体」と、「PSA」を組み合わせて検査します。

「p53抗体」検査は、2007年11月に厚生労働省において大腸がん、食道がん、乳がんの診断に保険適用が認められた腫瘍マーカーです。
また、「PSA」は、近年急上昇している男性特有の前立腺がんのチェックに有効です。

p53抗体では臓器特異性が低いこともあり、陽性時は全身のスクリーニングが必要です。
年齢・性別からある程度高発部位を推定して精密検査を行う必要があるため、結果が陽性の場合は医療機関での総合的な検査を受診されることをお勧めいたします。

血液検査だけではがんの発見・診断・部位の特定はできませんが、がんリスクのひとつの指標としては有効ですので、定期的ながん検診を受診するキッカケとしてください。

※腫瘍マーカーが基準価以内の場合では、がんの可能性が低いと判断されます。ただし、がんの可能性を完全に否定できないこともあります。

検査項目

  • p53抗体
  • PSA(前立腺がん)